うつ病を理解しよう

新しい治療法

うつを治す方法としては、投薬などが代表的なものでしたが、最近では磁気を活用した「磁気治療」など新しい方法と言われるものが登場しています。正しい検査の上で、正しい方法で治療してもらう必要があります。

詳しくはこちら

治療をする場所

うつはどこへ行けば治療してもらえるか、知っておくことは大切です。最近ではこの病気を扱う医療施設も多くなっているので、近所で見つけることも出来るでしょう。すぐに行ける所があれば、その分、安心なのです。

詳しくはこちら

しっかり受診

うつを治療する病院やクリニックは、初めて行く人にとってはちょっと敷居が高いところかもしれません。しかし、ひるむことなく玄関の中に第一歩を踏み出すことが大切です。そこから、すべてを始めることが出来るのですから。

詳しくはこちら

薬で治す

うつを治療するのに役立つ薬があります。養生を緩和させ、千々に乱れる心を安定させるという効果を持っている「抗うつ剤」です。その効果を充分に引き出すことが出来るような生活習慣も、大切です。

» 詳しくはこちら

さまざまな治し方

うつの治療の仕方はいろいろあります。心療内科や精神科で行われるような投薬治療、磁気治療の他にも、代替医療と呼ばれる技術が研究されており、実用されているところもあるのです。

» 詳しくはこちら

うつのサイン

現代人がかかる心の病であるうつは治療次第で改善することができます。まずはサプリメントなど手軽にできる対策から始めましょう。

うつかなと思ったら〜早期の受診が大切

 なんだか調子が悪い、何事にもやる気が起きない、それはもしかすると「うつ」のサインかもしれません。よくうつは、心の風邪と言われます。これは誰でもかかる可能性があるということであり、早期に治療を開始をすればそれだけ治りが早いということの例えでもあります。  早く治療を開始することには、重症化を防ぐという非常に大きなメリットがあります。人間は状況がはっきりすればそれを受け入れ、次のステップへ進むことのできる生き物です。しかし、不調の原因がわからないまま長い時間を過ごせば、その分心や身体に負担がかかり別の病を引き起こすことにもつながりかねません。早期の適切な治療の開始が、さまざまな負担を軽減することにつながるのです。

休息と薬が治療の主流

 それではうつと診断された場合、具体的にはどのような治療が行われるのでしょうか。現代の治療の柱のひとつめは、充分な休息をとるということです。うつに罹るひとはもともと生真面目な人が多く、すこしくらいのことでは仕事や家事を休もうとしません。しかし、うつの治療に休息は欠かせないというのが現代医療の考えで、出来る限りゆっくりできる時間をとるようにします。ふたつめの柱は、薬の服用です。他の病気と同じように、うつにも効果がある薬が現代では多く開発されています。それぞれの症状に合った薬がありますので、医師の指示に従って一定期間服用を続けていきます。  治療に関して不安や心配がある時にはそれを心の中に押しとどめず、出来る限り相談して解決することが望まれます。自分の思いを伝えるのが難しい場合には、近しい信頼できる人に代弁してもらうようにしましょう。

狩猟時代の人々もうつ病に悩んでいました。

うつ病とは気分障害の1つで、抑うつ気分、意欲・興味・精神機能の低下、食欲不振、焦燥、頭痛などの症状が出現します。うつ病の歴史は古く狩猟時代までさかのぼります。命がけで獲物を獲得する為、身の危険にさらされることが多く洞窟などに逃げていたことが始まりとされています。命の危険にさらされているという不安がうつに繋がったのです。治療に関しては1959年に抗うつ剤が世界で始めて発売されました。それ以前は、メタンフェタミンやアンフェタミンなどの覚醒剤が治療に使われていました。覚醒剤には抗うつ作用がある為、効果があるとされていました。しかし、副作用が強く精神障害も起きてしまう為、違う薬の研究が進められたようです。

治療方法は薬の服用だけではありません。

うつ病患者は年々増加しており、2008年には100万人を超えたとの報告があります。うつ病は「心の風邪」とも呼ばれ、誰でもなりうる病気なのです。精神的なストレスと身体的なストレスが重なることが要因となり、現在はこういったストレスも複雑になってきているため、治療方法は様々です。具体的な治療法としては抗うつ剤の服用の他に、葛藤を解決する、葛藤状態から回避することが重要とされています。この葛藤が解決されない限り、根本的な治療には繋がらないのです。治療期間は平均半年から1年とされていますが、かなり個人差があります。また、改善しても再発する可能性が著しく高い為、10年以上この病気に悩んでいる人も多くいます。

うつかもと思ったらそく受診

うつの代表的な症状といっても沢山のものがありますが、よく疲れや風邪の症状として間違われやすいものに睡眠障害や食欲不振といった症状があります。夜、なかなか寝付けない、眠りが浅くて夜中に頻繁に目が覚めてしまうというケース、食欲がわかない、食べてもすぐに気分が悪くなってしまうというケースが続いているという人は注意してください。というのも、これらの症状は疲れがたまっているという人、風邪気味の人でも出てくることはあります。ですが、それが数週間、数か月と継続的に続く場合、それは疲れ以外の原因が隠されているかもしれません。その原因の一つとして挙げられるのがうつ病です。うつ病は早期発見、早期治療が何よりも大切だとされているので、気になる人は一度チェックした方がいいかもしれません。

Page Top